廃油処理を考える~PCBの性質と処理方法~

グラフ

ポリ塩化ビフェニルとは

研究

ポリ塩化ビフェニルは、その英名を略してPCBと呼ぶことが多く、人々の健康に与える影響が大きいことから、ポリ塩化ビフェニルが使われているコンデンサ等の電化製品やその廃油は、法律に則った処理が必要になりました。

もっと詳しく

有害物質の調査サービス

研究

PCBが含まれる廃油が社会問題になった時は世界全体が揺れました。現代では企業に法令遵守が求められており、廃油に問題が生じる事には大きなリスクがあります。そのため少量のサンプルを提出するだけでサービスを利用出来る分析サービスが、流行すると予測されているのです。

もっと詳しく

有害物質を分析する

笑顔

PCBの含まれている廃油が社会問題になってから、大衆の有害物質に対する嫌悪感は強くなりました。だから廃油や電気機器の有害物質の有無を確認する分析サービスが人気になると予想されているのです。分析を担当する業者へ持ち込むサンプルが少量で済む点も、優れたサービスだと認められている一因です。

もっと詳しく

廃棄処理のための道筋

精密に作られているので、多くの試験で導入されています。スペクトラムアナライザを導入するならこちらの製品をチェックしてみませんか。

良い製品を完成させるための過程です。引張試験をすることで様々なデータを取得することが出来るでしょう。改善点なども見つけることが出来ます。

将来的には全て廃棄に

笑顔

塗料や廃油などに含まれるPCBは有毒であり、難分解性で高蓄積性、さらに脂質可溶性があるため人体に蓄積しやすく、一定量が体内に蓄積されると内臓疾患などの症状を起こす恐れがあります。このような危険性もあって、PCBの保管状況確認や今後の完全廃棄を目的としたPCB特別措置法が2001年7月15日に施工されました。 このため今後はPCBそのものや、それを含む塗料や廃油なども含めて指定期限がまでに処理をする必要があり、将来的には完全に廃棄される予定です。現在その期限は途中期限の延長もあって、2027年3月31日までに設定されています。 現在はまだ処理の過渡期にあるため、コンデンサやトランス、冷却用の媒体など身近な所にもPCBが使われていますが、今後は全てこれらも代替のものへと置き換えられることになります。

法律に基いて処理が必要

難分解性であり、人体にも有害な物質のため特別管理産業廃棄物に指定されているのがPCB廃棄物です。また廃電気機器にも微量のPCB物質が含まれているものがあり、これらは汚染廃油や汚染物としてやはりPCB廃棄物同様に法律に従って適正に処理をする必要があるため注意が必要です。 平成13年6月にPCB廃棄物に関する特別措置法が定められ、その処理期限として当初は平成28年7月までに処理を行う必要がありました。しかし現在は法改正によって平成39年3月31日までに処理期限が延長されています。 このようにPCB廃棄物やそれを微量に含む廃油や汚染物などは有害物質として指定期限までに定められた方法で処理を行う必要があります。

マイクロバブルを利用したいのでしたら、そのための専門業者があります。利用したいのでしたら、一度依頼をしてみましょう。

繊細な作業には欠かせないマイクロスコープをオーダーに合わせて製作しています。どんなご依頼にもしっかりと対応することが可能ですよ。