廃油処理を考える~PCBの性質と処理方法~

グラフ

ポリ塩化ビフェニルとは

健康に悪影響を及ぼします

研究

ポリ塩化ビフェニルとは、どのような物質なのでしょうか。ポリ塩化ビフェニルは、その英名を略してPCBと呼ばれることが多く、かつては大変重宝がられ、いろいろな電化製品等に使われてきました。ポリ塩化ビフェニルは、物理的及び化学的に安定して電気を絶縁する性質を持っており、電力供給時に用いる変圧器や、様々なコンデンサの中に絶縁油として入っていたのです。しかし、昭和43年我が国において、ポリ塩化ビフェニルが食品に混入する事故が起こり、大きな問題になったのです。なぜならば、ポリ塩化ビフェニルには毒性があり、がんを引き起こしたり、皮膚や内臓にも障害を起こすことが証明され、人々の健康に悪影響を及ぼすことが判ったのです。

法律に則った処理が必要

ポリ塩化ビフェニルが人々の健康に与える影響が大きいことから、ポリ塩化ビフェニルが使われているコンデンサ等の電化製品やその廃油は、法律に則った処理が必要になりました。その法律のことを、PCB処理特別措置法と呼び、2027年の3月には処理が完了していなければならないのです。事業者の責任において、PCB処理特別措置法が施行されてからは、取りあえず法律に定められた方法でコンデンサやPCBの廃油を保管しておく必要がありました。ですから、今でも保管されているコンデンサや廃油があれば、事業者は残り僅かな期間の内に処理する必要が出てきます。コンデンサや廃油の処理については、インターネットで詳しく調べることができますから、法律に触れないように早めの処理を行いましょう。