廃油処理を考える~PCBの性質と処理方法~

グラフ

有害物質の調査サービス

法令遵守が重要視される

研究

製造業では様々な化学物質が利用されています。その工程で生成される廃油は大きなリスクが存在しているのです。廃油には様々な物質が含まれており、中には処分方法を間違えるとトラブルへ発展するものもあります。それを避けるためには廃油を分析する事が必要です。 過去の時代ではPCBが廃油に含まれたせいで大事に至った事もあります。現代ではPCBの問題が浮上した頃よりもコンプライアンスが重要視されているのです。つまり法律に抵触する廃油の処理を実行する事は多大なダメージを受けるリスクを意味します。 だから分析代行サービスが流行すると予測されているのです。現にPCBが含まれている可能性が存在する電気機器は、分析サービスで選別されています。

少量のサンプルで分析可能

PCBが含まれている廃油を発見する事は、現代の技術を駆使すれば難しくありません。しかし精度の高い分析を実現するためには相応の準備が必要になります。具体的には分析の専用機器と扱いに精通した人材が不可欠です。それを準備するためには多大な出費を求められるので、多くの製造業者が分析サービスに頼っています。 廃油にPCBが含まれているかを調べる時はサンプルの提出が必要です。しかし廃棄予定の廃油を全て業者へ提出しなくても大丈夫だと言えます。分析技術が向上しているため少量のサンプルを提出するだけで十分だからです。PCBの有無を確かめるスピードも非常に素早いと言われています。あらゆる意味で高品質なサービスだという事です。